成長ホルモンを増やす治療法

成長ホルモンを増やす治療法

 

成長ホルモンは体の成長のために欠かせないホルモンです。

 

体内ではさまざまなホルモンが分泌されますが、その中でも成長ホルモン体の発達に重要です。

 

一般的には子どものうち、成長期のうちは十分に成長ホルモンが分泌されるはずですが、まれに正常に成長ホルモンが分泌されないケースもあります。

 

子どもが正常に成長ホルモンが分泌されないと、低身長をはじめ、体力や筋力がつかないなどの影響を及ぼします。

 

成長ホルモンの分泌がうまくできない場合には治療を行う必要もあります。

 

小児科などで、検査を行います。先に問診で、症状や出産時の状況などを聞かれるので、母子手帳を念のため持っていきましょう。

 

検査では身体測定や血液検査を行い、必要に応じてレントゲンやホルモン検査なども追加で行います。

 

その結果から、治療が必要と判断されたら、成長ホルモンを注射で投与します。

 

ただ、生活習慣の指導のみで、経過観察を行うこともあります。

 

また、大人になると成長ホルモンは自然と減少します。

 

これによって、疲労感や精神不安、免疫力の低下、肥満症、骨粗しょう症などを引き起こすことがあります。

 

その場合、成長ホルモン投与して症状を防ぐことがあります。

 

大人の場合もまずは検査を行います。検査結果と医師の診断によって治療を行います。