成長ホルモンを分泌させるための食生活

成長ホルモンを分泌させるための食生活

 

成長ホルモンは体内で分泌されています。成長ホルモンそのものを外から摂取することはできませんが、分泌を促す食べ物や栄養素を摂ることによって、効率よく成長ホルモンの分泌を促すことができます。

 

睡眠とも関わっていますが、成長ホルモンに食生活は重要です。

 

まず、基本は規則正しく食事をとることです。1日3食に、必要なら間食するくらいが理想的です。

 

常に満腹になっているよりも、空腹時の方が成長ホルモンが分泌されます。ですから、お腹が空いてからご飯を食べるようにしてください。少しでも空腹の状態を持つようにしてください。

 

食事は栄養バランスよく摂ることが基本ですが、そこに成長ホルモンの分泌を促す栄養素を取り入れてください。

 

アルギニン

 

まずひとつは、アミノ酸の一種であるアルギニンです。これは成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。鶏肉や大豆類に豊富に含まれています。普段の食生活では補いきれない栄養素もあります。それを補助するために、サプリメントを活用する方法もおすすめです。

フラバノール

 

脳や体に疲れを感じているときは、チョコレートやココアなどを間食代わりに少量摂ると良いと言われています。これらの原料であるカカオに含まれるフラバノールには、血管皮細胞に働き、体内の一酸化窒素を増やして、成長ホルモンの分泌を促すことができます。疲れの回復と同時に、成長ホルモンの分泌を増やせる食べ物です。