成長ホルモンの分泌を促すための睡眠

成長ホルモンの分泌を促すための睡眠

1日の生活の中で、成長ホルモンの分泌にもっとも関わっているのは、「睡眠」と言っても過言ではないでしょう。

 

もちろん栄養補給など食生活面も大事ですが、成長ホルモンを分泌するためには睡眠がとても大事です。

 

ただし、単純に寝れば良いというものでもありません。しっかりと成長ホルモンの分泌を促すためには、良質な睡眠をとることが大切です。

 

ではどのようにしたら良質な睡眠がとれるのでしょうか。

 

良質な睡眠をとるには、就寝する前に気を付けたいことがあります。

 

 

  • 間食などをしない
  • カフェインを摂らない
  • スマホやパソコン、テレビを見ない
  • 上の3つが、良質な睡眠をとるために大切な準

備です。

 

寝る前にお腹空いても、余計なものは食べないようにしてください。

 

何かを食べると消化活動が始まるため、眠っても体の臓器は休まっていません。そのため、睡眠が浅く質の悪い睡眠になってしまいます。夕食が遅くなる場合も、できるたら就寝2時間前には済ませましょう。

 

どうしてもお腹が空いて我慢できないときはゼリーなど軽いもので済ませてください。ちなみに空腹時は成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

水分を補給するときは、カフェインが入っている飲み物は控えてください。

 

ご存知の通りカフェインは眠気を妨げてしまいますし、利尿作用もあるので気を付けてください。

 

次に、スマホ・パソコン・テレビです。寝る直前までスマホを使っている人も多いと思いますが、これらの画面はブルーライトが発生し、これが脳を刺激して入眠を妨げてしまいます。

 

また、日中に昼寝をすると夜重要な時間に寝れなくなり、体のリズムも乱れてしまうので気を付けてください。

 

夜10時から深夜2時が成長ホルモンの分泌が盛んになるので、できたら夜8時には寝るようにしてください。

 

寝るときの環境も重要で、なるべく無音で暗い環境にしましょう。