成長ホルモンの分泌が通常より少ない原因

成長ホルモンの分泌が通常より少ない原因

成長ホルモンは体内で一生涯分泌されているホルモンです。
とくに成長期を迎える13歳から17歳頃までがピークを迎えます。
ところが、何らかの原因で、必要な分泌量を満たさない場合があります。
ではなぜ、成長ホルモンの分泌が少なくなるのでしょうか。
その原因はいくつかあります。

 

遺伝性

成長ホルモンの分泌が通常より少ない原因

遺伝性の割合は極めて低いのですが、両親の遺伝子から成長ホルモンの異常が起こることがあります。もっとも、身長に関しては遺伝しやすいとされています。ただし遺伝性によっても、治療を受けることはできます。子どもの低身長などが気になる場合は、専門医のもとで診察を受けてください。

分娩異常

成長ホルモンの分泌が通常より少ない原因

骨盤分娩や仮死などにおって成長ホルモンの分泌が異常を起こすことがあります。しかし原因は明確になっていません。この原因から成長ホルモンの分泌が少ないと、子どもの発達に影響を及ぼしてしまいます。

脳の異常

成長ホルモンの分泌が通常より少ない原因

成長ホルモンと脳の働きは深い関係にあります。そもそも、成長ホルモンを分泌するのは、脳下垂体前葉という脳の部分です。そのため、脳腫瘍や髄膜炎といった病気から成長ホルモンの分泌が減ってしまうことがあります。この場合は、原因の病気の治療が優先されます。

 

いずれの原因にしても、成長ホルモンがうまく分泌されないと、体に甚大な影響を及ぼしてしまいます。