成長ホルモンの働き

成長ホルモンの働き

 

体内では生命活動や健康維持のために、さまざまなホルモンが分泌されています。

 

その中でも有名な「成長ホルモン」はよく聞くかと思います。

 

文字通り、成長に関わっている重要なホルモンです。成長期に分泌がピークを迎えます。大体13歳から17歳が成長ホルモン分泌のピークになります。

 

ちなみに成長ホルモンは細かく分類していくと100種類以上あると言われています。

 

総合的に成長ホルモンが正常に分泌されることによって、体の健康などを保つことになります。

 

成長ホルモンというと、とにかく「成長」に関わる働きがあることで知られていますが、幼児期と青年期、成人後の成長ホルモンの働きには違いがあります。

 

幼児期

体の発達に主に関わっています。

 

身長や筋肉、代謝促進などの発達にとって欠かせないホルモンです。成長ホルモンが何らかの原因で不足していると、身長が伸び悩み、低身長になることもあります。また、筋肉の発達が未熟になることで体力にも影響します。

青年期

成長ホルモンは代謝能力を促し、免疫力アップや細胞修復など、健康体作りに関わってきます

 

その後、成長ホルモンは徐々に分泌量が減ってしまいます。

成人後

著しく成長ホルモンが減るのですが、睡眠をしっかりとり規則正しい生活を送るなど成長ホルモンを増やす工夫を行うことにより、「アンチエイジング」に効果的です。

 

成長ホルモンが分泌されることで若々しさの維持になり、肥満症対策などの働きがあります。